手作り石鹸の作り方 について

石鹸の歴史,手作り石鹸のメリット,石鹸を手作りする場合の注意点,手作り石鹸に必要な道具,手作り石鹸の基本用語集,手作り石鹸の作り方の基本レシピ,手作り石鹸のオイル選び,手作り石鹸の型選び,手作り石鹸の香り付け,手作り石鹸の作り方,最新情報を紹介しています。


最新記事

石鹸の歴史

9世紀には、地中海沿岸の国々で、豊富なオリーブオイルと天然の海藻ソーダを使って、今の製造方法と変わらない石鹸が作られるようになったとされている。

そんな石鹸が、大量生産されるようになったのは、地理上の発見がきっかけでした。


<日本での歴史>

ポルトガルの船が日本にやってきたのは、16世紀中ごろ。

当時の支配者であった織田信長は、西洋の文化を積極的に取り入れる人物だったので、「石鹸の日本での使用OK!」となったわけです。

しかし、江戸時代に入り鎖国がはじまると、外国との交易は限られたものになってしまったため、石鹸も姿を消していくこととなったのです。

その後、明治6年には、日本で初めて石鹸の製造が開始されます。

当初は製造過程に欠かせない苛性ソーダの入手が難しかったようだが、次第に生産量は増え、現代のような石鹸産業となっていったのです。



手作り石鹸のメリット

<手作り石鹸のメリット>

最大のメリットは、材料が全て自分の目でチェックできるという点にあり、これは大きいメリットである。

また、自分で分量を調整できるので“自分が本当に求めるもの”を手にすることができる。

夏は湿疹ができやすい季節なので清涼感のタイプの石鹸、冬は粉をふいたような乾燥を防ぐためにあるタイプの石鹸、と肌が求める石鹸を製作することが可能だ。

また、色や香りを自分好みにすることによってリラックス効果を得ることもできるし、「ものを作る」という作業そのものがストレス発散や気分転換になることもある。


また、環境の観点から考えると、液体ソープのタイプより固形石鹸の方が環境にも良いといえるでしょう。

手作り石鹸を作る時に環境に良い材料を選べば、肌にも環境にも良い一品を製作することが可能です。


手作り石鹸キット アトピー オーガニック オイル ハーブ 材料 アロマ 無添加  通販ショップ 激安

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

手作り石鹸の作り方をMy Yahoo!で購読する
手作り石鹸の作り方をGoogle readerで購読する
手作り石鹸の作り方をlivedoor Readerで購読する
手作り石鹸の作り方をはてなRSSで購読する

パーツ